CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2017年09月  次>>
COMMENTS
SEARCH
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.171949秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
このページの先頭へ

表面処理って難しい!!!!
皆さんこんにちは、初めまして。2017年度プロペラ班パートリーダー兼プロペラ設計を担当している安室と申します。もう5月末だというのに、プロペラ班は今年度のブログの更新が今回初めてになってしまいました、申し訳ありません。今までの分を取り返すつもりで書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします(`・ω・´)

今年のWindnautsのプロペラ班は例年通り、9月から製作を始めて、テストピース1本、テストフライト(TF)用2本、本番用2本の計5本のプロペラを作りました。もちろんバルサペラです。翼でもフェアリングでも共通していると思いますが、プロペラも表面精度が大変重要で、近年いろいろな表面処理を試しています。

プランク(外皮)を貼った後にマイクロガラスクロスを巻いた後に、一昨年はタミヤのポリパテを盛ってやすり、昨年はゲルコートを吹き付けてやすり、その後にサーフェイサー、塗装、クリアーを吹くという工程でした。クリアーを吹いて、800番、1000番でやすってから、コンパウンドをかけることによって十分に表面精度はよくなるのですが、クロス巻き後の表面処理をしっかりしないと、後からクロスの目が浮き出たりすることがあります。クロス巻き後の表面処理はすごく大切です。

しかし、大前提として、Windnautsの機体は軽さが命です。表面処理に重い材料を使ってしまうのは少し気が引けます。そして、これは僕の問題ですが、楽に作業をしたいものです。表面処理に使う材料選びでは、表面精度が出せるもの、なるべく軽いもの、加工がしやすいものを考えます。昨年のゲルコートは水研ぎしなければやすれず、重かったので、そこで今年は初めに超軽量パテを採用しました。主剤と硬化剤を混合して硬化するタイプのパテです。そのままだと広範囲に盛れないのでスチレンモノマーで希釈して使いました。

そして実際にTF用のプロペラに超軽量パテを盛ってやすったあとの様子が下の写真になります。





そして上の写真の状態まで塗装を進めていき、文字を塗装するときに貼ったマスキングシートをはがして、塗装が無事終わる――そう思ったときでした。




なんとマスキングシートをはがしたら塗装も一緒に取れてしまったのです!(このときは本当に何も考えられなくなるくらいショックでした…)




拡大すると左のようになります。パテを盛ったはずなのにバルサ表面が見えている、つまりパテごと塗装がはがれたのです。原因を考えた結果、パテの硬化不良だと考えられます。確かに思い返してみれば、紙やすりでやすっても粉が出ないしやすりに何か張り付くしで、うまくやすれませんでした。更にそのパテの硬化不良の原因は、①パテの主剤と硬化剤の混合比を間違ったこと②スチレンモノマーを混ぜすぎたこと(調べると、スチレンモノマーを入れすぎると硬化時間が長くなり、最悪効果不良に陥ると書いてあります)が挙げられます。他チームの方で超軽量パテができている人はいるので、①②の原因をしっかり解消すれば成功すると僕は思います。この後はがれたところをアセトンで落としてパテ盛りなおして塗装しなおしました。クリアー吹いてやすったらマシになりましたが、そのせいで表面に溝ができてしまったので表面精度が良いとは間違っても言えません…


そしてこちらが完成したTF用プロペラです(ちなみにオレンジのプロペラも水色と同じようにパテがはがれました)。





これを見てお気づきの方もいるかもしれませんが、クリアーをやすったときにクリアーが剥げてそのまま塗装もやすってはげているところがありますね、これは今年度第2の悩みですね…


そして本番用はまた超軽量パテを使ってミスするのが怖かったので、一昨年に使ったタミヤのポリパテを使いました。以前の失敗をしないように混合比やスチレンモノマーの量に気を付けました。下のようになります。



大体はきちんとやすれたし、硬化不良がないか確認して見つけたらパテをはがして盛りなおしたので今度こそ大丈夫だと思ったら、またもやマスキングテープでパテごとはがれました…



硬化不良を見逃したとか、パテの混ぜ方が足りなくて効果不良になったとか、マスキングテープの粘着力が強すぎるとか、諸説ありますがまだはっきりした原因は分かっておりません。何かわかる方は是非教えてください(;´・ω・)

その後は何とかなりまして、今は本番用プロペラをコンパウンドで磨いたり、スピナーなどの小物を作っています。本番用のデザインはオンエアでのお楽しみに。もうすぐTFが始まります(現在5/28)。そして僕は今年の鳥コンでプッシャーを務めることになったので責任重大なので頑張ります!
長くなりましたが最後まで読んでくれた方はありがとうございました。

2017年度 プロペラ班パートリーダー・プロペラ設計 安室

| 部長(17年) | comments (0) | trackback (0) | Topics |
新歓情報
こんにちは! 今回は今週の新歓行事をお知らせします。
12日(水)には、作業場前にて発泡を使った作業体験をF班が主催します。
美しいフェアリングを作るためにどのような技術を使ってるのか、ぜひぜひ新入生の皆さん体験しに来てください。
なお、万が一に備えて肌があまり露出してない恰好、服は突起物がなく、ウィンドブレーカーのような素材のものをおすすめします。
注)野外でやるので、雨天の場合中止になります。

15日(土)には東北大学のスプリングフェスタがあります!
Windnautsも学友会人力飛行部として、厚生会館近くの芝生でコックピットの展示を行います。
なかなかない間近で見れる機会ですので、どうぞよろしくお願いします!

そして16日(日)には待ちに待ったお花見です!
さむ~い仙台でも、近頃はだんだんとつぼみが大きくなっていってますね!
ちょうど見ごろになるのでは!? と思うので、11:30 A棟前に集まってください。
部員一同美味しいご飯を作ってお待ちしてます。

以上 新歓情報でした。
(文:新歓幹事)
| 部長(17年) | comments (0) | trackback (0) | Topics |
新歓告知

新入生の皆さん ご入学おめでとうございます!

入学早々、多種多様な団体の歓迎に圧倒された人も多いのではないでしょうか?

もちろんWindnautsも例外ではありません 笑

飛行機が大好きな人、物作りが大好きな人、単純に勝利を追い求めたい人。そして空を自力で飛んでみたい人・・・。

一つでも引っかかった人は一度Windnautsを訪れて見てください。今までに経験したことがないような出会い、体験、感動が此処にはあります。

まずは説明会やお花見会などに気軽に参加してみてください。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!




説明会 (出入り自由)



4/17 C402 16:15-20:00

4/20 C301 16:15-20:00

4/25 C200 18:00-20:00




お花見会




4/16 A棟前に11:30集合

大町西公園で開催します!







詳しくは下記までどうぞ





活動場所 

作業場:課外活動室A-5(川内体育館横)

  部室:川内サークル部室棟(通称:新サークル棟) 332号室




Twitter:@windnauts_wel29

Mail:windnauts_wel29@yahoo.co.jp


(文:新歓幹事)
| 部長(17年) | comments (0) | trackback (0) | Topics |
What's "Windnauts"?
東北大学Windnauts(ウインドノーツ)は、1993年に鳥人間コンテスト出場を目的に設立されたサークルです。
現在、東北大学学友会人力飛行部として正式に学友会体育部加盟団体として活動しています。


名前の由来
"Windnauts"とは、Wind(風)と nauts(船乗り)を合わせた造語で、 「風の船乗り」という意味です。これには、「風の海を渡っていく」という願いが込められています。

活動目標
我々Windnautsは7月末に開催される読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト」出場にむけて人力飛行機を製作しています。
現在、鳥人間コンテスト人力プロペラ機ディスタンス部門において、Windnautsは大会最長記録を保持しています。
目標は「前人未踏 琵琶湖40km往復達成」です。

人力飛行機(Human Powered Aircraft)
人力飛行機とは、字のごとく、人の力だけで飛ぶ飛行機のことです。

活動場所
川内サークル部室棟322号室
川内課外活動共用施設A5


| 管理 | comments (0) | trackback (0) | What |
Windnautsの推移
東北大学学友会人力飛行部
Windnauts

1993年 5月にたった3人の学部1年生に創立され、活動を始める。

1994年 第18回鳥人間コンテストへ滑空機として応募。書類審査で不合格となり出鼻をくじかれる。その後プロペラ機の製作を始める。

1995年 第19回鳥人間コンテストへ、プロペラ機1機、滑空機3機を応募して数で勝負したが、全機不合格。

1996年 第20回鳥人間コンテストへは、昨年の失敗を活かし、念入りに設計した滑空機を1機応募。しかし不合格に終わる。

1997年 【97政宗】第21回鳥人間コンテスト、書類選考において工夫を凝らし、滑空機で応募。4回目にして念願の書類審査合格を果たす。しかし、大会フライト当日、台風直撃により大会は全面中止。

1998年 【98政宗】第22回鳥人間コンテスト出場(滑空機)  16.45m 17位(28機)

1999年 【99政宗】第23回大会 滑空機 書類審査不合格
【政宗・改 寒冷地仕様】人力プロペラ機 書類審査合格(OBチーム)

2000年 【First Lady】第24回大会 人力プロペラ機 書類審査不合格
     女性パイロットでの自力離陸に成功(国内三例目) 113.248m

2001年 【風人】第25回大会 人力プロペラ機 書類審査合格 1709.50m 5位(16機)

2002年 【Windy】第26回大会 人力プロペラ機 書類審査合格 1290.79m 3位(17機)

2003年 【Migra】第27回大会 人力プロペラ機 審査書類合格 24823.01m 3位(18機) 琵琶湖対岸到達。

2004年 【勠】第28回大会 人力プロペラ機 書類審査合格 134.47m 台風のため競技不成立

2005年 【翔】第29回大会 人力プロペラ機 書類審査合格 140.10m 10位(20機)

2006年 【谺-echo-】第30回大会 人力プロペラ機ディスタンス部門 書類審査合格 28628.43m 1位(18機) 初優勝

2007年 【Sterna】第31回大会 人力プロペラ機ディスタンス部門 書類審査合格 3672.71m 2位(16機)

2008年 【來】第32回大会 人力プロペラ機ディスタンス部門出場 36000.00m 1位(13機)
大会史上初、琵琶湖の完全往復達成。大会最長記録。

2009年 【Rera】鳥人間コンテスト開催中止のため、単独で記録飛行に挑戦 20720m(FAI公式記録)

2010年 【鸞】第33回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 11456.97m 2位(13機)
     駆動系にドライブシャフトを初めて採用

2011年 【Riih】第34回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 18687.12m 1位(11機)
GPS等のトラブルで迷走。実質飛行距離は約35km。

2012年 【翠】第35回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 14129.34m 1位(11機)
チーム史上最少最軽量 チーム初2連覇。

2013年 【Rey】第36回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 41.72m 9位(10機)
離陸時に中央翼破損。

2014年 【Rache】第37回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 1849.41m 強風のため競技不成立

2015年 【鴻】第38回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 35367.02m 1位(10機) 歴代大会記録2位。”歴代最強”パイロット健闘のフライト。

2016年 【凛】第39回大会 人力プロペラディスタンス部門出場 19669.59m 2位(12機)    最終番機にて晴天の中フライト。フライト時間は第39回出場機中最長。


| 管理 | comments (0) | trackback (0) | What |
このページの先頭へ